動画広告とは

  1. 動画広告の概要

   - インターネット広告の新星として急成長を遂げる動画広告

   - 2019年の日本の広告費において、インターネット広告媒体費の約2割を占める存在感

   - スマートフォンの普及と通信速度の向上が、動画広告市場のさらなる拡大を後押しすると予測される

 

  1. 動画広告が持つ強みと優位性

   - 視覚と聴覚への同時訴求による、商品やサービスの魅力の効果的な伝達

   - ストーリー性を持たせることで、ユーザーの感情に働きかけ、強い印象を残すことが可能

   - 再生数、再生時間、クリック数などのユーザー行動を詳細に計測・分析でき、効果検証が容易

   - 静止画広告と比べ、広告認知、理解、利用意欲などの点で優れた効果を発揮

 

  1. 動画LPがもたらすメリット

   - 動画による商品やサービスの特徴や利用シーンのより詳細な説明

   - ユーザーの興味を引き付け、ページ滞在時間の延長が期待できる

   - 文章だけでは伝えきれない情報を、動画を通して効果的に伝達

   - 商品やサービスへの理解を深め、購買意欲の向上につながる

動画広告_1stFollower京都

  1. 動画広告の効果と実績

   - 認知拡大:動画広告視聴者の広告内容認知率が、バナー広告や非視聴者と比べて大幅に高い

   - ブランディング:動画広告によるブランド好感度の向上は、動画なし広告の5倍以上

   - 販売促進:静止画広告と比べ、動画広告はクリック率、クリック単価、コンバージョン単価で優位性を示す

   - CPA改善:動画広告によるクリック率とコンバージョン率の向上が、結果としてCPAの低下につながる

 

例:あるスマートフォンメーカーが、新機種の発売に合わせて動画広告キャンペーンを実施。

製品の特徴や使用シーンを分かりやすく伝える15秒の動画を制作し、YouTubeやSNSで配信した。

同時に、公式ウェブサイトにも動画を組み込んだLPを設置。

キャンペーン期間中、動画広告の視聴者は非視聴者と比べて製品の認知率が30%高く、LPの平均滞在時間は2分以上に。

結果として、前モデルと比べて販売台数が20%増加し、CPAも15%低下した。

 

この例からも分かるように、動画広告は情報伝達力、訴求力、効果検証の容易さなど、多角的な強みを持つ広告手法です。

企業は自社の目的や課題に合わせて動画広告を戦略的に活用することで、マーケティング効果の最大化を図ることができるでしょう。

 

動画広告市場の今と予測

動画広告市場は、近年急速な成長を遂げており、今後もさらなる拡大が予測されています。

以下に、国内外の動画広告市場の現状と将来予測について、より詳細に説明します。

 

  1. 日本国内の動画広告市場

   - 市場規模と成長率

     - 2020年の国内動画広告市場規模は2,954億円(前年比18.6%増)

     - 2024年には6,856億円に達すると予測(2019年から2024年にかけて年平均成長率23.7%)

     - ネット広告市場全体の成長率(年平均10.9%)の約2倍のペースで成長

   - デバイス別の内訳

     - スマートフォン向け動画広告が市場をけん引(2020年で全体の89.2%を占める)

     - PC向け動画広告は伸び率が緩やかだが、堅調に推移(2020年で全体の10.8%)

   - 5Gの影響

     - 5Gの普及により、高品質な動画コンテンツの配信が加速

     - ライブ配信やVR/AR、インタラクティブ動画など、新たな広告フォーマットの登場が予想される

     - 通信速度の向上により、動画広告の表現の幅が広がり、よりリッチなユーザー体験の提供が可能に

  1. グローバル動画広告市場の潮流

   - 市場規模と成長率のトレンド(US市場を例に)

     - 2020年、米国の動画広告市場は277億9,500万ドルの規模に到達(前年度比3.8%の成長)

     - 2025年までに360億6,100万ドルに達する見通し(2019年から2025年にかけての年平均成長率は6.2%)

     - グローバルな動画広告市場も、安定した成長を維持すると予測される

   - 主要プレイヤーの戦略と新興勢力の台頭

     - YouTube、Facebook、Instagramといった大手プラットフォームが、動画広告市場を牽引

     - TikTokやSnapchatなど、若年層に人気の新興プラットフォームの存在感が急速に拡大

     - 各プラットフォームは、動画広告フォーマットの多様化と機能強化に注力し、差別化を図る

   - プログラマティック広告の浸透

     - AI技術の発展に伴い、プログラマティック動画広告の普及が加速

     - オーディエンスデータを活用した高度なターゲティングや、リアルタイム入札による効率化が進展

     - 動画広告のパーソナライゼーションが深化し、ユーザー一人ひとりに最適化された広告配信が可能に

 

例:あるグローバル企業が、各国の主要プラットフォームを戦略的に活用し、AIを駆使したプログラマティック動画広告キャンペーンを展開。

ユーザーの属性や行動データに基づいて、一人ひとりに最適化された動画広告を配信した結果、広告のエンゲージメント率が大幅に向上し、ブランド認知度と売上高の拡大に成功した。

 

このように、世界の動画広告市場は、大手プラットフォームの牽引と新興勢力の台頭、AIやプログラマティック広告の浸透などを背景に、安定した成長を遂げています。

企業がグローバルな視点で動画広告戦略を立案し、テクノロジーを効果的に活用することが、市場で勝ち残るための鍵となるでしょう。

動画広告_1stFollower京都

  1. 動画広告市場の未来図

   - 動画コンテンツ消費の爆発的拡大

     - 動画ストリーミングサービスの浸透と、動画コンテンツ制作のハードルの低下が、動画コンテンツ消費を加速させる

     - 5Gの普及に伴い、高品質な動画コンテンツをいつでもどこでも楽しむ習慣が定着する

     - 動画広告は、消費者の動画コンテンツ消費行動の変化に呼応し、さらに重要な役割を果たすようになる

   - 革新的な広告フォーマットの台頭

     - VRやARを活用した、没入感の高い動画広告が普及する

     - インタラクティブ性を高めた動画広告や、ゲーミフィケーションを取り入れた広告フォーマットが発展する

     - ライブコマースなど、動画を活用した新たなECの形態が拡大する

   - クロスデバイス・クロスチャネル施策の深化

     - デバイスやチャネルの垣根を越えた、シームレスな動画広告体験の提供が進む

     - オフラインとオンラインを融合した、オムニチャネル型の動画広告施策が主流になる

     - 動画広告の効果測定の高度化により、各施策の最適化と連携が加速する

 

例:あるファッションブランドが、VRを活用した没入感の高い動画広告キャンペーンを展開。消費者は仮想空間内でブランドの最新コレクションを体験し、AR技術を用いてバーチャル試着を楽しむことができる。

同時に、実店舗でも同様の体験ができるイベントを開催し、オンラインとオフラインを融合したオムニチャネル型の施策を実施。

キャンペーン期間中の売上高は前年比で大幅に増加し、ブランドの認知度とロイヤルティの向上に成功した。

 

このように、動画広告市場の将来は、動画コンテンツ消費の爆発的拡大、革新的な広告フォーマットの台頭、クロスデバイス・クロスチャネル施策の深化などによって、大きく変容していくことが予想されます。

企業は、これらの変化を見据えて、消費者に没入感のある体験を提供し、オンラインとオフラインを融合した施策を展開することで、競争優位性を確立できるでしょう。

 

以上のように、動画広告市場は国内外ともに堅調な成長を続けており、今後も5Gの普及や動画コンテンツ消費の拡大、新たな広告フォーマットの登場などを背景に、さらなる発展が見込まれています。

企業はこうした市場動向を踏まえ、動画広告を戦略的に活用することで、競争優位性の確立と事業成長の加速を図ることが可能となるでしょう。

動画広告_1stFollower京都

 

次は動画広告の活用方法・配信方法・編集方法について、より詳細に説明します。

 

動画広告の活用方法を目的別に紐解く

   - 認知度向上を目指す施策:

     - インバナー広告やSNS広告での広範なリーチの獲得を図る

     - YouTubeのマストヘッド広告やTrueViewインストリーム広告でブランドメッセージを強く印象付ける

     - 短尺のバンパー広告を高頻度で露出し、ブランドの認知度を高める

   - 興味・関心を喚起する手法:

     - インリード広告を用いて、自然な流れで商品・サービスの魅力を訴求する

     - YouTubeのTrueViewディスカバリー広告でユーザーの能動的なアクションを促す

     - FacebookやInstagramの動画広告を活用し、ターゲットオーディエンスに効果的にアプローチする

   - 獲得に重点を置いた施策:

     - リターゲティング広告で、商品・サービスに興味を示したユーザーに再度アプローチする

     - アプリ内動画広告を活用し、ダウンロードや購入などの直接的なアクションを促進する

     - ウェブサイトでのコンバージョンを目的とした動画広告を配信し、投資対効果(ROI)の最大化を図る

 

例:ある化粧品ブランドがリップスティックの新製品発売に合わせ、段階的な動画広告キャンペーンを展開。

まず、インバナー広告やSNS広告で幅広いリーチを獲得し、製品の認知度向上を図った。

次に、YouTubeのTrueViewディスカバリー広告や、Instagramのストーリーズ広告を活用し、製品の特徴や使用感を訴求することで、ターゲットオーディエンスの興味・関心を喚起した。

最終段階では、商品ページを閲覧したユーザーに向けてリターゲティング広告を配信し、購入を促進。

結果、新製品の売上は前作比で50%増を達成し、広告費用対効果(ROAS)も大幅に改善した。

 

このように、動画広告は目的に応じて様々な手法を組み合わせることで、認知度向上から購入促進まで、一連のマーケティングファネルに対して効果的にアプローチできます。

自社の目標や商品・サービスの特性を踏まえ、最適な動画広告の活用方法を検討することが重要です。

動画広告_1stFollower京都

 

動画広告の配信方法

動画広告の配信方法は、目的や予算、ターゲットオーディエンスなどに応じて選択肢が多岐に渡ります。

以下に、主要な配信方法とその特徴をまとめました。

 

  1. プラットフォームを活用した配信

   - YouTube広告:

     - Google広告を通じて、YouTube上で様々なフォーマットの動画広告を配信できる

     - ターゲティングオプションが豊富で、ユーザーの興味関心や行動履歴などに基づいて配信可能

     - TrueView、バンパー広告、マストヘッド広告など、目的に合わせた広告フォーマットを選択できる

   - SNS広告:

     - FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSプラットフォームで動画広告を配信

     - 詳細なターゲティングが可能で、ユーザーのデモグラフィックや行動、興味関心などに基づいて配信できる

     - フィード広告、ストーリーズ広告、インストリーム広告など、プラットフォームに応じた広告フォーマットがある

   - アプリ内広告:

     - ゲームアプリやニュースアプリなど、様々なモバイルアプリ内で動画広告を配信

     - ユーザーのアプリ利用行動や属性に基づいたターゲティングが可能

     - リワード広告、インタースティシャル広告、ネイティブ広告など、ユーザー体験を考慮した広告フォーマットがある

 

  1. プログラマティック広告による配信

   - DSP(デマンドサイドプラットフォーム)を活用:

     - 複数の広告在庫を一括管理し、オーディエンスデータに基づいてリアルタイムに入札・配信する

     - 大規模なリーチと、詳細なターゲティングを両立できる

     - 広告主は、予算や目的に合わせて柔軟に配信設定を調整できる

   - アドネットワークを通じた配信:

     - GoogleディスプレイネットワークやYahoo!ディスプレイアドネットワークなど、広範なウェブサイトやアプリに動画広告を配信

     - コンテキストターゲティングや行動ターゲティングなど、多様なターゲティングオプションがある

     - 運用型広告として、予算や入札単価を調整しながら効果的な配信が可能

 

  1. 直接取引による配信

   - 特定のウェブサイトやアプリと直接提携:

     - メディア側と直接交渉し、動画広告枠を確保する

     - サイトやアプリの特性に合わせたカスタマイズが可能で、高いブランド適合性が期待できる

     - 大規模なリーチは見込めないが、ターゲットオーディエンスへの効果的なアプローチが可能

   - タイアップ広告やスポンサードコンテンツ:

     - メディア側と協力して、オリジナルの動画コンテンツを制作・配信する

     - ブランドメッセージを自然な形で埋め込むことができ、ユーザーに好意的に受け入れられやすい

     - 高い制作コストがかかるが、ブランド価値の向上や深いユーザーエンゲージメントが期待できる

 

効果的な動画広告配信のポイントは、目的や予算、ターゲットオーディエンスに合わせて最適な配信方法を選択し、適切な広告フォーマットやターゲティングを組み合わせることです。
また、配信後のパフォーマンス分析を行い、PDCAサイクルを回しながら継続的に改善を図ることが重要です。

 

例えば、あるファッションブランドが新作コレクションの認知度向上を目的に動画広告キャンペーンを展開するとします。

まず、YouTubeのTrueView広告で15秒の動画を配信し、幅広いリーチを獲得。

次に、Instagramのストーリーズ広告を活用し、ファッションに興味を持つ若年層に向けて新作の魅力を訴求。

さらに、ファッション系メディアとタイアップし、新作コレクションを紹介するオリジナル動画コンテンツを制作・配信することで、ブランドイメージの向上を図る。

こうした多面的なアプローチにより、効果的な認知度向上と、ターゲットオーディエンスとの深い関係構築が可能となるでしょう。

 

動画広告の成功事例

   - Nike(ブランディング):

     - "Dream Crazy"キャンペーンでアスリートの感動的なストーリーを動画で訴求

     - YouTube での動画広告を中心に展開し、ブランドイメージの向上に成功

   - Airbnb(認知拡大):

     - "Live There"キャンペーンで、現地の生活を体験できる魅力を動画で表現

     - Facebook や Instagram での動画広告を통じて、幅広いユーザーへのリーチを獲得

   - Grammarly(アプリ訴求):

     - アプリの機能や利便性を分かりやすく説明する動画広告を制作

     - YouTube や Facebook での動画広告配信により、アプリのダウンロード数が大幅に増加

 

業界別の動画広告活用事例

   - タクシー業界:

     - 東京無線:車内のタブレットを活用した動画広告サービス「STXI」を提供

     - 乗客の属性に合わせたターゲティング広告を配信し、広告主の販促活動を支援

     - 動画広告の視聴完遂率は90%以上と高い効果を実現

   - 不動産業界:

     - LIFULL:物件の内覧体験を疑似的に再現するVR動画広告を制作

     - YouTube 広告として配信し、物件の魅力を効果的に訴求

     - VR動画広告の導入により、物件の問い合わせ数が大幅に増加

   - 化粧品業界:

     - 資生堂:新製品の魅力を伝えるためのブランドムービーを制作

     - YouTube や Instagram での動画広告配信を通じて、若年層の認知拡大に成功

     - 動画広告の視聴者からの高い購入意欲が確認され、売上増加に貢献

 

以上のように、動画広告は認知、興味・関心、獲得など、様々な目的に応じて効果的に活用することができます。

また、ナイキやAirbnbをはじめとする国内外の企業が、動画広告を戦略的に活用し、大きな成果を上げている事例が数多く存在します。

さらに、タクシーや不動産、化粧品など、様々な業界でも動画広告の活用が進んでおり、各業界の特性に合わせた創意工夫により、高い広告効果を実現しています。

広告主は自社の目的や商材の特性を踏まえ、最適な動画広告の活用方法を検討していくことが重要です。

 

 

次に動画広告の制作と効果検証について、より詳細に説明します。

 

  1. 動画広告の作り方(5つのステップ)

   - ステップ1:広告の目的と設定の確認

     - 広告の目的(認知、興味・関心、獲得など)を明確にする

     - ターゲットオーディエンスを設定し、ペルソナを作成する

     - 広告予算や配信期間、配信媒体などの詳細を決定する

   - ステップ2:動画広告の企画と構成

     - 商品・サービスの特徴や利点を整理し、訴求ポイントを決める

     - ストーリーボードを作成し、動画の構成や流れを可視化する

     - 動画の長さや形式(実写、アニメーション、テキストオーバーレイなど)を決定する

   - ステップ3:動画広告の制作

     - 社内のリソースを活用するか、外部の制作会社に依頼するかを決める

     - 動画の撮影や編集、アニメーションの作成などを行う

     - 音声や字幕、テロップなどを追加し、最終的な動画を完成させる

   - ステップ4:動画広告の配信とテスト

     - 選択した配信媒体に動画広告を設定し、配信を開始する

     - A/Bテストを実施し、異なる動画バージョンの効果を比較する

     - 配信結果を分析し、必要に応じて動画や配信設定を最適化する

   - ステップ5:効果検証と改善

     - 動画広告の主要指標(視聴率、エンゲージメント率、コンバージョン率など)を追跡する

     - 広告の目的達成度を評価し、ROIを計算する

     - 得られた知見を基に、次の動画広告キャンペーンの改善点を洗い出す

 

  1. スキップされない動画の作り方

   - 動画の冒頭で強いインパクトを与える

     - 商品・サービスの魅力を端的に伝えるメッセージを冒頭で提示する

     - 視聴者の興味を引く質問や問題提起を行い、続きを見たくなるようにする

   - ストーリー性や感情訴求を重視する

     - 視聴者が共感できるストーリーを展開し、感情に訴えかける

     - 商品・サービスによって解決できる課題や悩みを提示し、解決策を提案する

   -ショート動画を活用する

     - 15秒以内の短い動画を制作し、視聴者の集中力を維持する

     - 伝えたいメッセージを凝縮し、簡潔かつ印象的に訴求する

   - インタラクティブ要素を取り入れる

     - 視聴者の選択によって動画の展開が変化する仕組みを導入する

     - クイズやアンケートを組み込み、視聴者の能動的な参加を促す

 

  1. 効果検証の方法とKPI設定

   - 目的に応じたKPIを設定する

     - 認知目的:リーチ数、動画再生数、ブランドリフト

     - 興味・関心目的:視聴率、エンゲージメント率、クリック率

     - 獲得目的:コンバージョン率、CPA、ROAS

   - 動画広告の主要指標を追跡する

     - 動画再生数、再生完了率、平均視聴時間などのエンゲージメント指標

     - クリック率、コンバージョン率、コストパフォーマンス指標

   - A/Bテストを実施し、最適化を図る

     - 動画の長さ、メッセージ、クリエイティブなどの要素を変更してテストする

     - 効果の高い要素を特定し、継続的な改善を行う

   - 広告効果を総合的に評価する

     - 設定したKPIの達成度を評価し、広告の目的達成度を測定する

     - 動画広告による売上や利益への貢献度を算出し、ROIを計算する

     - 定性的な指標(ブランドイメージ、顧客満足度など)も考慮し、総合的な効果を判断する

 

以上のように、動画広告の制作は目的設定から効果検証まで、一連のステップに沿って進めていくことが重要です。

また、スキップされない動画を作るためには、冒頭でのインパクト、ストーリー性、短尺動画の活用、インタラクティブ要素の導入などの工夫が有効です。

効果検証においては、目的に応じたKPIを設定し、主要指標の追跡やA/Bテストを通じて継続的な最適化を図ることが求められます。

これらの点に留意しながら、動画広告の制作と運用に取り組むことで、高い広告効果を実現することができるでしょう。

 

次は動画広告の編集方法と種類について詳しく説明します。

動画広告の編集方法

  1. 動画広告の編集方法

    • ストーリーボードの作成
      • 動画の流れや構成を視覚的に表現するストーリーボードを作成
      • 各シーンのイメージや、画面の遷移、ナレーションや音楽の使用などを決定
      • 制作の効率化と、関係者間の共通理解を促進
    • 撮影素材の選択と編集
      • 商品やサービスの特徴を効果的に伝える映像素材を選択
      • 必要に応じて、新たに撮影や録音を行う
      • 編集ソフトを用いて、素材を組み合わせ、動画を構成
    • グラフィックやテキストの挿入
      • ブランドロゴや商品画像、キャッチコピーなどのグラフィック要素を挿入
      • テロップやサブタイトルを使って、重要なメッセージを強調
      • 視覚的な訴求力を高め、ユーザーの理解を促進
    • 音楽と効果音の選択
      • 動画の雰囲気や印象を左右する音楽を選択
      • 商品やサービスのイメージに合った曲調やテンポを考慮
      • 効果音を使って、メリハリをつけ、ユーザーの注意を引く
    • 尺の調整とペース配分
      • 広告の目的や配信媒体に合わせて、動画の尺を調整
      • 冒頭の引き付け、中盤の情報提供、終盤の行動喚起など、ペース配分を考慮
      • ユーザーの集中力を維持し、効果的なメッセージ伝達を図る
  2. 動画広告の種類

    • ブランド認知向け動画広告
      • ブランドの価値観やストーリーを伝える、イメージ訴求型の動画広告
      • 商品やサービスの特徴よりも、ブランドの世界観や雰囲気を重視
      • 長尺の動画が多く、感情に訴えかける表現が効果的
    • 商品・サービス紹介動画広告
      • 商品やサービスの特徴や利点を直接的に伝える、説明型の動画広告
      • 使用方法や効果、ユーザーの声など、具体的な情報を提供
      • 短尺の動画が多く、わかりやすく簡潔な表現が重要
    • ストーリー型動画広告
      • 商品やサービスを物語の中に自然に組み込んだ、ストーリー仕立ての動画広告
      • ユーザーの共感を呼ぶ、リアルな使用シーンや体験談などを活用
      • キャラクターやプロットを工夫し、ユーザーを引き込む展開が効果的
    • インタラクティブ動画広告
      • ユーザーの選択や操作に応じて、動画の内容が変化するインタラクティブな動画広告
      • クイズやゲーム要素を取り入れ、ユーザーの能動的な参加を促す
      • エンゲージメントを高め、ユーザーの記憶に残りやすい手法
    • バーティカル動画広告
      • スマートフォンの縦持ち状態に最適化された、縦長のアスペクト比の動画広告
      • インスタグラムのストーリーズ広告やTikTok広告など、SNSプラットフォームでの配信に適している
      • 画面いっぱいに表示され、没入感のある視聴体験を提供

 

動画広告の編集では、ストーリーボードの作成、素材の選択と編集、グラフィックや音楽の挿入など、様々な工程を経て完成します。

目的や配信媒体に合わせた尺の調整やペース配分も重要です。

また、動画広告の種類は、ブランド認知向け、商品・サービス紹介、ストーリー型、インタラクティブ、バーティカルなど多岐にわたります。

それぞれの特性を理解し、広告目的や、ターゲットオーディエンスに合わせて選択することが効果的です。

例えば、新商品の認知度向上を目的とする場合、商品の特徴や利点を簡潔に伝える15秒程度の短尺動画を制作し、YouTubeやSNSで広く配信するのが有効でしょう。

一方、ブランドイメージの向上を図る場合は、ブランドの世界観を表現する60秒程度の長尺動画を制作し、ストーリー性や感情訴求を重視した内容とします。

メディアとのタイアップ企画や、自社ウェブサイトでの配信も検討できます。

このように、動画広告の編集方法と種類を適切に組み合わせることで、広告効果の最大化を目指すことができるでしょう。

 

 

次に動画広告の制作を外注する場合のメリットについて詳しく説明します。

 

  1. 動画制作会社に依頼するメリット

  • 高品質な動画制作
    • 専門的な知識と技術を持つクリエイター兼ディレクター兼マーケターによるサポート
    • ユーザー視点に立った提案
    • オリジナル動画の制作
  • 効率的な制作プロセス
    • 企画から納品までのワンストップ対応
    • 多角的かつ集中的なサポート
    • スピード感のある対応
  • 豊富な経験とノウハウ
    • 多様な業界や商材の動画制作実績
    • ユーザーのトレンドや嗜好に合わせた企画提案
    • データ分析に基づく制作手法の導入
  • コスト効率の良さ
    • 機材購入などの初期投資の不要性
    • 予算に合わせた柔軟な価格設定
    • 高品質な動画制作とコストの最適化の両立

 

  1. プラスアルファの動画広告支援サービス

       - YouTubeやSNSなど、様々な媒体での動画広告配信を代行

       - WEBマーケティング・オンライン・オフライン広告など網羅的にサポート

       - 動画制作は10年以上・外資製薬会社・某電力会社など、幅広い業界・商品を手掛けた知見で提案

       -ChatGPTなどの生成AIを使った新しいアイデアや広告案の提案

       -マーケティングトータル支援でスピーディーなoodaループ・PDCAで結果までを短縮

 

   - 低コスト・短納期での制作が可能

     - 編集のみ3万円からの低価格プランを用意

     - 最短3営業日での特急納品プランも実現

     - 予算や期限に合わせた柔軟な制作体制を構築

 

以上のように、動画制作会社に外注することで、高品質な動画制作、制作工程の効率化、幅広いノウハウの活用、コストの最適化などのメリットが得られます。

動画制作から配信、最適化までをワンストップでサポートし、豊富な実績と知見に基づくコンサルティングを提供しています。

また、パフォーマンス重視の制作手法により、高い広告効果の実現を目指しつつ、低コスト・短納期での制作を可能にしています。

動画広告の制作を検討する際には、専門のサービスを活用することで、効率的かつ効果的な広告展開が期待できるでしょう。

 

 

 

LINEからのお問合せ

LINEからご予約の場合、下記内容をお書き添えくださいませ。

  • あなたの現在の状態をできるだけ詳しくお聞かせください
  • あなたのご要望を教えてください
  • オンライン相談ご希望の有無

このほか マーケティング に関するあらゆるご相談も承っております。

\ 私が担当いたします /

ファーストフォロワー
担当:
松井

\ QR読み込みはこちら /

問い合わせフォームがいい人はこちらから






    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意電話番号

    必須相談内容

    必須郵便番号

    任意都道府県

    必須お問い合わせ内容

    任意希望回答方法

    任意無料オンライン相談を希望

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。