オンラインマーケティング手法

ウェブサイト

- 魅力的なウェブサイトの構築

- メニュー、特典、営業時間などの情報提供

- 顧客の興味を引き付ける

ソーシャルメディア

- Facebook、Instagram、Twitterの活用

- 新メニューやイベントの情報共有

- 顧客とのコミュニケーション

ブログ・コンテンツマーケティング

- フードブログやレシピの共有

- 専門知識の提供

- 読者の興味を引き付ける

 オンライン広告

- 検索エンジン広告、ソーシャルメディア広告の活用

- ターゲット顧客へのアプローチ

 YouTubeマーケティング

- 料理の調理過程や店舗の雰囲気を紹介する動画制作

- YouTubeチャンネルでの公開

- 店舗情報や特別メニューの紹介により来店を促進

ロケーションマーケティング

- Googleマイビジネスの活用

- 店舗情報の最適化

- 近隣の潜在顧客の取り込み

飲食店03_1stFollower京都

2. オフラインマーケティング手法

地域広告

- 地元の新聞や雑誌への広告掲載

- 地域の顧客への宣伝

チラシ・ポスター

- 店舗や地域の一般的な場所へのチラシ・ポスター掲示

- 興味を引き付ける

地域イベントへの参加

- 地域のフードフェスティバルやイベントへの参加

- 知名度の向上

プレスリリース

- 新メニュー、特典、開店情報などを地元メディアに発信

- 注目を集める

サイネージ広告

- 店舗内や近隣の商業施設などのデジタルサイネージ活用

- 動画広告の配信

- 美味しそうなメニューや店舗の魅力を訴求し、通行人の興味を引き付ける

店舗前動画

- 店舗前のディスプレイやウィンドウへの動画投影

- シェフのパフォーマンスやメニュー紹介動画の活用

- 通行人の注意を引き付け、店舗への関心を高める

異業種交流会への参加

- 他業種の企業との交流

- 新たなビジネスチャンスの創出

- 協力関係の構築によるシナジー効果

3. マーケティング手法の組み合わせ

- オンラインとオフラインのマーケティング手法の組み合わせにより、多くの潜在的顧客へのアプローチが可能

- 店舗の認知度向上に効果的

- 動画コンテンツの重要性

- 視覚的訴求力の高さ

- 食の魅力を効果的に伝達

- 現代マーケティングにおける重要な役割

飲食店02_1stFollower京都

飲食店成功事例

京都の飲食店における成功事例を以下にご紹介します。

1. 老舗料亭「瓢亭」:伝統を守りつつ革新を続ける

WEBSITE:http://hyotei.co.jp/

  • 概要:創業120年以上の老舗料亭です。伝統的な京料理を守りつつ、現代人の嗜好に合わせた新しい料理も提供しています。
  • 成功のポイント:
    • 厳選された旬の食材を使用
    • 季節感あふれる美しい盛り付け
    • 心のこもったおもてなし
  • 詳細:
    • 営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
    • 定休日:月曜日
    • 客単価:20,000円~
    • 評判:伝統と革新が融合した料理とサービスが高く評価
    • 将来展望:伝統を守りつつ、若い世代にも親しみやすい料亭を目指

2. 京町家を改装したカフェ「nichinichi」:和と洋の融合
WEBSITE:冬夏 tearoom

  • 概要:築100年以上の京町家を改装したカフェです。和の趣あふれる空間で、こだわりのコーヒーやスイーツを提供しています。
  • 成功のポイント:
    • 京都の町屋を活かした風情ある空間
    • 自家焙煎のスペシャルティコーヒー
    • 手作りスイーツ
  • 詳細:
    • 営業時間:10:00~18:00
    • 定休日:火曜日・水曜日
    • 客単価:1,500円~
    • 評判:和と洋が融合した空間とこだわりのメニューが人気
    • 将来展望:京都の文化を発信するカフェとして展開

3. 地元の食材にこだわるイタリアン「イル・ギオットーネ」:本場の味と温かい雰囲気

WEBSITE:https://ilghiottone.com/

  • 概要:京都産の食材を使用したイタリア料理を提供するレストランです。アットホームな雰囲気で、地元の人々にも人気です。
  • 成功のポイント:
    • 新鮮な京都産の食材を使用
    • 本格的なイタリア料理
    • 温かい雰囲気のサービス
  • 詳細:
    • 営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00
    • 定休日:月曜日
    • 客単価:4,000円~
    • 評判:地元の食材と本場の味、温かい雰囲気で人気
    • 将来展望:地元の人

その他

  1. 「祇園びとら、」:インバウンド需要の取り込み 京都祇園の高級料亭「祇園びとら、」は、外国人観光客向けに英語メニューを導入し、スタッフの語学教育を徹底することで、インバウンド需要の取り込みに成功しました。また、伝統的な京料理をベースにしながら、外国人の味覚に合わせたアレンジを加えることで、リピーターを増やしています。
  2. 「% ARABICA Kyoto」:SNS映えするコーヒーショップ 「% ARABICA Kyoto」は、京都の風情ある町並みに溶け込むミニマルな店舗デザインと、高品質のコーヒーで人気を集めています。白を基調とした店内は、インスタグラムなどのSNSで写真映えすると評判で、国内外から多くの観光客が訪れます。SNS上での口コミ拡散が、ブランドの認知度向上に大きく貢献しています。
  3. 「茶寮都路里 祇園本店」:京都らしさを追求した和カフェ 「茶寮都路里 祇園本店」は、京都の伝統文化である茶道をコンセプトにした和カフェです。京町家を改装した趣のある店内で、抹茶スイーツや京料理を提供し、京都らしい雰囲気を演出しています。外国人観光客にも人気が高く、京都観光の思い出作りの場として選ばれています。
  4. 「京都 瓢斗 本店」:予約の取れない人気店 京料理店「京都 瓢斗 本店」は、創業以来の伝統的な味を守りつつ、季節感あふれる食材を使った革新的な料理で知られています。予約が取れないほどの人気店ですが、その理由は徹底した品質管理と、お客様へのきめ細やかなサービスにあります。厳選された食材と職人の技が生み出す料理は、京都の食文化を体現しています。
  5. 「フォーシーズンズホテル京都」のレストラン「Brasserie」:ホテル内レストランの新たな可能性 「フォーシーズンズホテル京都」内のレストラン「Brasserie」は、ホテルの顧客だけでなく、地元の人々からも高い支持を得ています。シェフが厳選した京都の食材を使った創作料理や、和モダンな店内デザインが人気の秘密です。ホテル内レストランでありながら、地域に根ざした経営方針が成功の鍵となっています。

飲食店コンテンツの作り方

  1. 360度VR動画による店内ツアー

- 360度カメラを使用して店内を隅々まで撮影し、お客様が自由に店内を探索できるインタラクティブな体験を提供

- 臨場感あふれる映像で店舗の雰囲気を伝え、VRゴーグルを使用することでよりリアルな没入感を演出

- 例:東京の高級寿司店「すし匠」が、VR動画で店内の様子を公開

  1. タイムラプス動画によるメニュー制作工程の紹介

- 料理の調理工程や盛り付けの様子をタイムラプス動画で撮影し、数時間かかる工程を数分の動画にまとめることで視聴者の興味を引く

- 料理へのこだわりや技術の高さを視覚的に訴求

- 例:京都の和菓子店「菓匠清閑院」が、上生菓子の製作過程をタイムラプスで公開

  1. ドローンを使用した店舗周辺の空撮

- ドローンを活用し、店舗の外観や周辺環境を上空から撮影することで、店舗の立地や景観の魅力を動画で効果的に伝達

- 店舗を中心とした地域の魅力もアピール可能

- 例:沖縄の海鮮料理店「海人」が、店舗前の美しい海岸線をドローンで撮影

  1. アニメーションを用いたメニューの紹介

- メニューの写真や説明文をアニメーション化し、料理の魅力を動きのあるビジュアルで表現

- キャラクターを使用することで店舗の個性を打ち出すことも可能

- 例:大阪のたこ焼き店「たこ焼き番長」が、アニメーションでメニューを紹介

  1. インフルエンサーとのコラボレーション動画

- 人気のインフルエンサーを店舗に招待し、料理を試食してもらい、その感想や反応を動画で撮影

- インフルエンサーのフォロワーに向けて店舗の魅力を発信

- 例:東京のハンバーガー店「バーガーマニア」が、人気YouTuberとコラボ動画を制作

  1. ASMRで五感を刺激する料理動画

- 食材を切ったり調理したりする音を強調したASMR動画で、視聴者の視覚と聴覚だけでなく触覚や味覚、嗅覚まで刺激

- 高音質のマイクで繊細な音を収録し、食材の質感や調理過程を美しく撮影することで、心地よい音と映像で視聴者を魅了

- 五感を刺激するASMRを取り入れることで他の料理動画と差別化

  1. 食材の生産者から料理までをストーリーで伝えるWEBサイト

- 食材の生産者から料理までをストーリーで伝えることで、食材の背景や生産者の思いを伝え、食への理解を深める

- 生産者の顔が見えるストーリーで信頼感を築き、食材の価値を伝えることで料理の魅力を向上させ、飲食店との連携で顧客の購買意欲を高める

- 食材のストーリーで食への理解を深め、顧客との信頼関係を築く

  1. AIがおすすめするあなただけのオリジナルメニュー

- AIが顧客の好みや体質に基づいてオリジナルメニューを提案し、顧客一人ひとりに合わせた特別な体験を提供

- 顧客満足度を向上させ、顧客データの収集による新たなサービス開発や飲食店の差別化につなげる

- AIを活用したパーソナライズされたメニュー提案で、顧客に特別な体験を提供

コンテンツは1つの角度だけで考えず、〇〇×△△という感じで考えると新しい切り口が生まれます。

リサーチ会社によると2022年時点でポータルサイトからの集客よりGoogleマップからの集客が上回っているとのことです。

今後は差が広がっていく予想もされています。

飲食店で最初にすべきマーケティングはMEO対策をおすすめします。

以上が、飲食店のマーケティング戦略についてのまとめです。

これらの手法を含め、オンラインとオフラインの各種マーケティング手法を適切に組み合わせ、特に動画コンテンツを効果的に活用することで、飲食店は潜在的顧客により効果的にアプローチし、店舗の認知度を高めることができます。

LINEからのお問合せ

LINEからご予約の場合、下記内容をお書き添えくださいませ。

  • あなたの現在の状態をできるだけ詳しくお聞かせください
  • あなたのご要望を教えてください
  • オンライン相談ご希望の有無

このほか マーケティング に関するあらゆるご相談も承っております。

\ 私が担当いたします /

ファーストフォロワー
担当:
松井

\ QR読み込みはこちら /

問い合わせフォームがいい人はこちらから






    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意電話番号

    必須相談内容

    必須郵便番号

    任意都道府県

    必須お問い合わせ内容

    任意希望回答方法

    任意無料オンライン相談を希望

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。