Googleビジネスプロフィール  は、Google検索やGoogleマップ上でお店の情報を無料で表示できるサービスです。

お店の情報を充実させて、集客につなげましょう。

ローカルSEO。 地域の検索マーケティング_1stFollower京都4

 

1:Googleアカウントの準備

Googleビジネスプロフィール  を使うには、Googleアカウントが必要です。

  • Googleアカウントを持っている場合: そのままログインしましょう。
  • Googleアカウントを持っていない場合: 新しくアカウントを作りましょう。

2:Googleビジネスプロフィール の作成

Googleアカウントでログインしたら、Googleビジネスプロフィール  を作りましょう。

  1. Googleマイビジネスのページにアクセスします。
  2. お店や会社の名前、住所、電話番号などを入力します。
  3. お店や会社のジャンルを選びます。(例:レストラン、美容院など)

3:ビジネスの確認

Googleビジネスプロフィール  に入力した情報が正しいか確認してもらう必要があります。

  • はがき: Googleから届くはがきに記載された番号を入力して確認します。
  • 電話: Googleから電話がかかってくるので、そこで伝えられる番号を入力して確認します。
  • メール: Googleから届くメールに記載されたリンクをクリックして確認します。
  • Google Search Console: すでにGoogle Search Consoleを使っている場合は、そこから確認できます。

4:プロフィールを充実させよう!

  • 営業時間の設定: 通常の営業時間だけでなく、祝日やイベント時の営業時間も設定しましょう。
  • 詳しい説明: お店や会社の詳しい説明を書きましょう。どんな商品やサービスがあるのか、どんなところが魅力なのか伝えると、お客さんが来やすくなります。
  • 写真や動画の追加: お店や会社の外観、内観、商品、スタッフの写真や動画を追加すると、より魅力的に見えます。
  • 属性の追加: Wi-Fi完備、バリアフリー、ペット同伴可など、お店や会社の情報を詳しく伝えましょう。

ポイント:

  • 正確な情報を載せることが大切です。
  • こまめに情報を更新しましょう。
  • お客さんからの口コミに返信しましょう。

Googleビジネスプロフィール に写真や動画を載せると、お客さんがお店や会社の情報をより詳しく知ることができます。

1. プロフィール写真とカバー写真

  • プロフィール写真: お店や会社の「顔」となる写真です。お店のロゴマークや、スタッフの集合写真などを使いましょう。
  • カバー写真: 一番目立つ写真です。お店の外観や、おすすめメニューの写真など、目を引く写真を選びましょう。

2. 商品やサービスの写真

  • 写真の種類: 商品やサービスが魅力的に見える写真を載せましょう。メニューの写真や、実際にサービスを提供している様子の写真があると、お客さんはイメージしやすくなります。
  • 整理整頓: 写真をジャンルごとに分けると、お客さんが見やすくなります。(例:メニュー、店内、外観など)
  • メニューや価格表: メニューや価格表の写真も載せましょう。

3. お店や会社の外観・内観の写真

  • 店内の様子: お店の雰囲気を伝えるために、店内の様子を写真で紹介しましょう。座席やテーブルの配置がわかる写真があると、お客さんは安心して来店できます。
  • 外観: お店や会社の外観の写真も載せましょう。初めて来るお客さんが迷わないように、入り口や看板がわかる写真があると親切です。

4. 動画も活用しよう!

  • 短い動画: お店や会社の紹介動画や、商品の魅力を伝える短い動画を載せましょう。30秒から1分くらいの動画がおすすめです。
  • 動画の内容: お店の雰囲気や、スタッフの働く様子、商品の作り方などを紹介すると、お客さんは興味を持ちやすくなります。

5. 写真や動画は定期的に更新しよう!

MEO対策_画像_1stFollower京都 (3)

  • 季節のイベント: 季節のイベントに合わせて写真を更新しましょう。
  • 新商品: 新しい商品やサービスの写真を載せましょう。
  • お店の変化: お店の内装を変えたり、新しいスタッフが入ったりしたら、写真を更新しましょう。

ポイント:

  • 写真や動画は、明るくて鮮明なものがおすすめです。
  • 写真や動画に説明文をつけると、よりわかりやすくなります。
  • お客さんが撮影した写真や動画も活用しましょう。

Googleビジネスプロフィール に投稿すると、お客さんに最新情報を伝えることができます。

1. 最新情報を伝えよう!

  • 新商品やサービス: 新しい商品やサービスを写真と一緒に紹介しましょう。
  • イベント情報: お店で行うイベントやキャンペーンのお知らせをしましょう。
  • お知らせ: お店の営業時間変更や臨時休業など、お知らせしたい情報を載せましょう。

2. お得な情報を発信しよう!

  • クーポン: お得なクーポンを発行して、お客さんに来てもらいましょう。
  • セール情報: セールやキャンペーンのお知らせをしましょう。
  • 限定商品: 限定商品や期間限定メニューを紹介しましょう。

3. イベント告知で集客アップ!

  • イベント内容: イベントの内容を詳しく説明しましょう。(例:ワークショップ、ライブ、試食会など)
  • 日時と場所: イベントの日時と場所を忘れずに書きましょう。
  • 参加方法: イベントへの参加方法を説明しましょう。(例:予約が必要かどうか、参加費など)

4. 投稿を魅力的に見せるコツ

  • 写真や動画: 文字だけでなく、写真や動画も一緒に載せると、より魅力的に見えます。
  • ボタン: 「予約する」「詳細を見る」などのボタンを付けると、お客さんが行動しやすくなります。

5. 定期的に投稿しよう!

  • 頻度: 週に1回、または月に数回など、定期的に投稿しましょう。
  • 内容: 季節のイベントや、お店の最新情報に合わせて内容を考えましょう。

ポイント:

  • お客さんが興味を持ちそうな情報を発信しましょう。
  • 分かりやすい言葉で書きましょう。
  • 写真や動画は、明るくて見やすいものを選びましょう。

Googleビジネスプロフィールの口コミは、お店や会社にとって大切なお客さんの声です。

1. 口コミを集めよう!

  • お願いする: お店に来たお客さんや、サービスを利用したお客さんに、口コミを書いてくれるようお願いしてみましょう。
  • 口コミを書く場所: お店にポスターを貼ったり、メールやレシートに口コミサイトのQRコードを載せたりすると、お客さんは口コミを書きやすくなります。
  • 良い口コミ: 特に満足してくれたお客さんには、ぜひ口コミをお願いしてみましょう。

2. 口コミに返信しよう!

  • すべての口コミに返信: 良い口コミも悪い口コミも、すべてに返信することが大切です。
  • 良い口コミ: 感謝の気持ちを伝えましょう。「ありがとうございます!」「またのご来店をお待ちしております。」など、一言添えると喜ばれます。
  • 悪い口コミ: 誠実に対応しましょう。お詫びの言葉を述べ、改善策を伝えたり、直接連絡を取ることを提案したりすると、信頼感が増します。

3. 悪い口コミへの対処法

  • 落ち着いて対応: 悪い口コミに腹を立てずに、落ち着いて対応しましょう。
  • 問題解決: お客さんの不満を理解し、解決策を提案しましょう。
  • 再発防止: 同じような問題が起きないように、対策を考えましょう。

4. 口コミを分析しよう!

  • 良い点と悪い点: 口コミを定期的に読んで、良い点と悪い点を把握しましょう。
  • 改善: 悪い点があれば、改善策を考えましょう。
  • 新しいアイデア: 口コミから新しいアイデアが生まれることもあります。

5. 口コミを活用しよう!

  • 紹介: 良い口コミをホームページやSNSで紹介しましょう。
  • キャンペーン: 口コミを参考に、新しいキャンペーンを企画してみましょう。

ポイント:

  • お客さんの意見を大切にすることが大切です。
  • 誠実な対応を心がけましょう。
  • 口コミを参考に、より良いお店や会社を目指しましょう。
 

分からないことがあったら?

 
Googleビジネスプロフィールのヘルプページやサポートに問い合わせてみましょう。
 
 

Googleビジネスプロフィールは、お店や会社をGoogleで探しているお客さんに見つけてもらうための無料のツールです。

Googleビジネスプロフィール を活用すると、こんな良いことがあります。

  • お店や会社をアピールできる: お店の情報や写真、口コミなどを見てもらい、お客さんに来てもらえる可能性が高まります。
  • お客さんとつながれる: 最新情報やお得な情報を発信したり、口コミに返信したりすることで、お客さんとのコミュニケーションが活発になります。
  • 信頼感がアップする: 正確な情報を載せたり、口コミに丁寧に返信したりすることで、お店や会社の信頼感が高まります。

Googleビジネスプロフィール  を始めるのは簡単です。

  1. Googleアカウントを作る: まだ持っていない場合は、Googleアカウントを作りましょう。
  2. ビジネスプロフィールを作る: お店や会社の名前、住所、電話番号、営業時間などを入力します。
  3. 情報を充実させる: 写真や動画を載せたり、投稿で最新情報を発信したりしましょう。
  4. 口コミに返信する: お客さんの口コミに、感謝の気持ちや改善策を伝えましょう。

Googleビジネスプロフィールを活用して、あなたのお店や会社をもっとたくさんの人に知ってもらいましょう!

注釈

専門用語とその注釈

  1. Googleビジネスプロフィール: Google検索やGoogleマップ上でビジネス情報を無料で表示できるGoogleのサービス。
  2. ローカルSEO: 地域に特化した検索エンジン最適化。地域の検索結果で上位表示を目指す施策。
  3. Google Search Console: ウェブサイトのGoogle検索パフォーマンスを分析・改善するためのGoogleの無料ツール。
  4. 属性: ビジネスの特徴や提供サービスを示す追加情報(Wi-Fi完備、バリアフリーなど)。
  5. MEO対策: Map Engine Optimizationの略。Googleマップでの検索結果上位表示を目指す施策。
  6. QRコード: スマートフォンなどで読み取ることができる2次元バーコード。
  7. SNS: ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。オンライン上で社会的なつながりを構築するサービス。
  8. アカウント: オンラインサービスにアクセスするための個人やビジネスの登録情報。