YouTubeビジネスチャンネルでよくある失敗例をいくつかご紹介します。

実際にコンサルや編集に携わった例など、詳しく解説しています。

YouTuberになりたいのか?ビジネス目的なのか?

YouTubeビジネスチャンネルを開設する際、陥りがちな誤解の一つが「YouTuber」と「ビジネス」の目的の混同です。

これは、まるで目的地を決めずにドライブに出かけるようなもので、チャンネルの方向性を見失い、迷走する原因となります。

YouTube_1stFollower京都 (5)

YouTuberとビジネスの目的の違い

YouTuberの主な目的は、視聴者を楽しませ、チャンネル登録者数を増やし、広告収入や企業案件などで収益を得ることです。

一方、ビジネスチャンネルの目的は、自社の商品やサービスの認知度を高め、見込み客を獲得し、最終的には売上につなげることです。

この二つの目的は、一見すると共通点があるように見えますが、実際にはアプローチ方法やコンテンツの内容が大きく異なります。

YouTuberのようなビジネスチャンネルの例

例えば、ある化粧品会社がYouTubeチャンネルを開設したとします。

しかし、担当者は「バズる動画を作りたい」という思いから、YouTuberのようなエンタメ要素の強い動画ばかりを投稿してしまいます。

  • ある動画では、社員が流行りのダンスに挑戦。
  • 別の動画では、ドッキリ企画で社長にイタズラ。
  • また別の動画では、社員旅行の様子をVlog形式で紹介。

これらの動画は、確かに再生回数を稼げるかもしれませんが、ビジネスとしての成果には繋がりづらいでしょう。

視聴者は「面白い動画」として消費するだけで、商品の購入やサービスの利用には結びつきません。

ビジネスとしての目的を明確にすることの重要性

YouTubeビジネスチャンネルを成功させるためには、ビジネスとしての目的を明確にすることが重要です。

目的が明確になれば、ターゲット層やコンテンツの内容、宣伝・拡散の方法など、戦略的にチャンネル運営を行うことができます。

先ほどの化粧品会社の例で言えば、「30代女性向けの新商品をプロモーションする」という目的を設定することで、

  • 「新商品の魅力を紹介するレビュー動画」
  • 「メイクアップアーティストによる使い方講座」
  • 「ターゲット層の悩みに寄り添う解決策提案動画」

といった、よりビジネスに直結するコンテンツを作成できます。

これにより、視聴者は「この商品を試してみたい」と感じ、購買意欲を高めることができます。

YouTube_1stFollower京都 (4)

ビジネスチャンネルで成功するためのポイント

ビジネスチャンネルで成功するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  1. 目的を明確にする: 何を達成したいのか、具体的な目標を設定する。
  2. ターゲット層を絞り込む: 誰に商品やサービスを届けたいのか、明確にする。
  3. 価値あるコンテンツを提供する: ターゲット層のニーズに応える情報を発信する。
  4. エンタメ要素も取り入れる: 面白さや親しみやすさも大切にする。
  5. 分析と改善を繰り返す: データを分析し、改善策を実行する。

まとめ

YouTubeビジネスチャンネルは、YouTuberのようにバズらせることが目的ではありません。

ビジネスとしての目的を明確にし、戦略的にチャンネル運営を行うことで、初めて成功に近づくことができます。

ファスフォロ

あるリラクゼーションサロンの経営者・エステティシャンの人が、インスタグラムやYouTubeで踊っていました。

お客様はリラックスを求めているのに、お笑い要素たっぷりの動画をコツコツと、、

もちろん、新規のお客様は増えません。

それどころか、リピーターも減っていきました。

動画の目的はきちんと認識しておきましょう。

ターゲット層を明確にしていない

YouTubeビジネスチャンネルを始める際、陥りがちな落とし穴の一つが「ターゲット層を明確にしていない」ことです。

これは、まるで大海原に航海ナビゲーションなしで船出するようなもので、チャンネルの成長を妨げる大きな要因となります。

ターゲット層が不明確なチャンネルの例

例えば、あるビジネスコーチがYouTubeチャンネルを開設したとします。
彼は自身の専門分野である「リーダーシップ」について動画を投稿しますが、ターゲット層を具体的に想定していません。

  • ある動画では、新入社員向けの「リーダーシップ基礎講座」を公開。
  • 別の動画では、経営者向けの「リーダーシップ戦略論」を解説。
  • また別の動画では、「リーダーシップに役立つ書籍紹介」といった内容も投稿。

一見、幅広い層に役立つ情報を提供しているように見えますが、実際には誰にも刺さらないコンテンツになってしまっています。

新入社員にとっては難解すぎる内容であり、経営者にとっては物足りない内容かもしれません。

ターゲット層を明確にすることの重要性

ターゲット層を明確にすることは、YouTubeビジネスチャンネルを成功させる上で非常に重要です。

なぜなら、ターゲット層に合わせたコンテンツを提供することで、視聴者の共感を呼び、チャンネル登録や動画視聴に繋がりやすくなるからです。

例えば、先ほどのビジネスコーチが「30代の中間管理職」をターゲット層に設定した場合、

  • 「中間管理職が抱える悩み解決」
  • 「チームをまとめるリーダーシップ術」
  • 「部下のモチベーションを上げるコミュニケーション方法」

といった、より具体的なテーマで動画を作成できます。

これにより、視聴者は「自分に役立つ情報がある」と感じ、チャンネルに愛着を持つようになります。

ターゲット層【ペルソナ】は、イメージできる人を1人限定にしてみてください。

とことん絞り込んだペルソナ向けにした方が、意外な視聴者や見込み客になるケースが多いです。

ターゲット層【ペルソナ】を明確にする方法

ターゲット層【ペルソナ】を明確にするためには、以下の3つの要素を具体的に考えることが重要です。

  1. デモグラフィック情報: 年齢、性別、職業、居住地など
  2. 興味・関心: 趣味、ライフスタイル、価値観など
  3. 課題・悩み: 仕事、人間関係、健康など

これらの要素を組み合わせて、具体的な【ペルソナ】(架空のユーザー像)を設定すると、より効果的です。

例えば、「30代男性、IT企業の中間管理職、仕事と家庭の両立に悩む」といったペルソナを設定することで、より響くコンテンツ作りが可能になります。

まとめ

YouTubeビジネスチャンネルを成功させるためには、ターゲット層を明確にすることが不可欠です。

ターゲット層を具体的に想定し、彼らに役立つ情報を提供することで、視聴者の共感を呼び、チャンネルの成長に繋げましょう。

動画の内容が視聴者のニーズに合っていない

YouTubeビジネスチャンネルにおいて、せっかく時間と労力をかけて動画を作成しても、視聴者のニーズに合っていなければ、再生回数やチャンネル登録者数の伸び悩み、ひいてはチャンネルの成長停滞に繋がります。

1本や2本のデータでは判断はできません。

データを取るために最低でも20~30本は欲しいところです。

そのデータを見ながらコンテンツの方向性・ニーズなどを判断していきましょう。

視聴者のニーズに合わない動画の例

YouTube_1stFollower京都 (2)

例えば、ある会計事務所がYouTubeチャンネルを開設し、税務に関する情報を発信しているとします。

しかし、動画の内容は「法人税の申告方法」や「消費税の計算方法」など、専門用語が多く、初心者には理解しにくいものばかり。

  • ある動画では、「連結納税制度の改正点」について解説。
  • 別の動画では、「税理士試験の対策講座」を紹介。
  • また別の動画では、「会計事務所の選び方」といった内容も投稿。

これらの動画は、確かに税務に関する情報ではありますが、視聴者のニーズを捉えられていません。

一般の視聴者にとっては難解すぎる内容であり、税理士試験受験者にとっては物足りない内容かもしれません。

視聴者のニーズを捉えることの重要性

YouTubeビジネスチャンネルを成功させるためには、視聴者のニーズを捉えた動画作りが不可欠です。

なぜなら、視聴者は「自分に役立つ情報」「知りたい情報」を求めて動画を視聴するからです。

ニーズに合った動画を提供することで、視聴者の満足度を高め、チャンネルへの信頼感や愛着を育むことができます。

先ほどの会計事務所の例で言えば、ターゲット層を「個人事業主」に絞り込み、

  • 「確定申告の基礎知識」
  • 「経費で落とせる項目」
  • 「節税対策の基本」

といった、より身近で実践的なテーマで動画を作成することで、視聴者のニーズに応えることができます。

これにより、視聴者は「このチャンネルは自分の役に立つ」と感じ、チャンネル登録や動画視聴に繋がりやすくなります。

視聴者のニーズを把握する方法

視聴者のニーズを把握するためには、以下の方法が有効です。

  1. コメント欄の分析: 視聴者の疑問や意見を把握
  2. アンケートの実施: 視聴者の興味関心や課題を調査
  3. 競合チャンネルの分析: 人気動画のテーマや構成を参考にする
  4. YouTubeアナリティクスの活用: 視聴者の属性や視聴傾向を分析

これらの情報を基に、視聴者のニーズを深く理解し、それに合わせた動画作りを心掛けることが重要です。

まとめ

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、視聴者のニーズに合った動画を提供することが欠かせません。

視聴者の立場に立ち、彼らが本当に求めている情報を提供することで、チャンネルの成長を促進しましょう。

ターゲット層の困りごと・疑問・よくある質問などを掘り下げていけば、コンテンツはいくらでも創造できます。

動画の質が低い

YouTubeビジネスチャンネルにおいて、動画の質はチャンネルの評価を大きく左右する要素です。

質の低い動画は、せっかくの有益な情報も台無しにしてしまい、視聴者の離脱を招く原因となります。

それはまるで、豪華な食材を使っても調理が下手だと、料理が美味しくないのと同じです。

質の低い動画の例

例えば、あるエステサロンがYouTubeチャンネルを開設し、美容に関する情報を発信しているとします。

しかし、動画の質は低いものばかり。

  • 映像: 手ブレが激しく、ピントが合っていない。照明も暗く、顔がはっきり見えない。
  • 音声: 周囲の雑音が大きく、声が聞き取りにくい。BGMの音量も大きすぎて、声が聞こえない。
  • 編集: カット割りが雑で、テロップのフォントや色がバラバラ。効果音も過剰で、見ていて疲れる。
  • 内容: テーマが不明確で、話が脱線する。専門用語が多く、説明も不十分で分かりにくい。

このような動画は、視聴者に不快感を与え、チャンネルのイメージダウンに繋がります。

映像は最近のスマートフォンがかなり優秀になりましたので、それなりの映像が撮れます。

しかし音声は非常に問題です。

大人数を撮りたいので被写体から結構離れた場所から撮影をすると、誰が何を話しているのか聞き取れないケースが多いです。

最近のピンマイクは安価で優秀なものが増えています。

ぜひ、ピンマイクの購入をおすすめします。

ファスフォロ

ピンマイクとは、衣服などに取り付けて使用する小型のマイクのことです。
周囲の雑音を拾いにくく、クリアな音声を録音できるため、YouTube動画の撮影に適しています。
ワイヤレス式のピンマイクもあり、動きながらの撮影にも便利です。

動画の質を高めることの重要性

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、動画の質を高めることが不可欠です。

質の高い動画は、視聴者に好印象を与え、チャンネルへの信頼感や愛着を育みます。

  • 映像: 美しい映像は、視聴者の目を引きつけ、動画の世界観に引き込みます。
  • 音声: クリアな音声は、情報を正確に伝え、視聴者の理解を促進します。
  • 編集: スムーズな編集は、動画のテンポを良くし、視聴者を飽きさせません。
  • 内容: わかりやすい内容は、視聴者の知的好奇心を刺激し、満足度を高めます。

質の高い動画は、視聴者に「またこのチャンネルの動画を見たい」と思わせる魅力があります。

動画の質を高める方法

動画の質を高めるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 機材: 高性能なカメラやマイクを使用するだけでなく、照明や三脚なども活用し、映像と音声をクリアにしましょう。
  • 編集: カット割りやテロップ、効果音などを工夫し、見やすく分かりやすい動画に仕上げましょう。
  • 内容: テーマを明確にし、ターゲット層に合わせた情報を分かりやすく伝えましょう。専門用語は避け、具体例や図解などを活用すると効果的です。
  • スキルアップ: 撮影や編集の技術を学ぶために、書籍やオンライン講座などを活用しましょう。

まとめ

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、動画の質を高めることが重要です。

質の高い動画は、視聴者に良い印象を与え、チャンネルの成長に繋がります。

ポイントはできるだけ明るい場所で撮影を行う。

そして音声は可能な限りクリアにすること。

ピンマイクを購入していない場合でも、個人個人のスマートフォンで自分の声は録音していくなどの工夫が必要です。

ピンマイク YouTube_1stFollower京都

動画の投稿頻度が低い

YouTubeビジネスチャンネルにおいて、動画の投稿頻度はチャンネルの成長に大きく影響します。

投稿頻度が低いと、視聴者の興味を引きつけ続けることができず、チャンネル登録者数の伸び悩みや視聴者の離脱に繋がります。

せっかく種を蒔いても、水やりを怠れば植物が枯れてしまうのと同じです。

投稿頻度が低いチャンネルの例

例えば、あるフィットネスジムがYouTubeチャンネルを開設し、トレーニング動画や健康情報を発信しているとします。

しかし、動画の投稿頻度は月に1本程度。

  • ある月に投稿された動画は、「初心者向け筋トレメニュー」
  • 翌月に投稿された動画は、「ダイエットに効果的な食事法」
  • その次の月は、動画の投稿なし。

このような頻度では、視聴者は「このチャンネルは更新されていない」と感じ、他のチャンネルに流れてしまいます。

投稿頻度を高めることの重要性

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、ある程度の投稿頻度を維持することが重要です。

定期的に新しい動画をアップロードすることで、

  • 視聴者の期待感を高める: 次回の動画を楽しみにする視聴者を増やすことができます。
  • アルゴリズムからの評価を高める: YouTubeのアルゴリズムは、定期的に更新されるチャンネルを高く評価する傾向があります。
  • チャンネルへのアクセスを増やす: 新しい動画が公開されるたびに、チャンネルへのアクセスが増え、視聴機会が増えます。
  • 視聴者との関係を深める: 定期的なコミュニケーションを通じて、視聴者との信頼関係を築くことができます。

投稿頻度を高めることで、チャンネルの活性化を促し、視聴者のエンゲージメントを高めることができます。

適切な投稿頻度とは

適切な投稿頻度は、チャンネルのテーマやターゲット層によって異なります。

しかし、一般的には最低でも週に1本以上の投稿が望ましいとされています。

  • 週1回: 多くのチャンネルで採用されている頻度です。定期的な更新で視聴者の興味を維持できます。
  • 週2〜3回: より多くの視聴者にリーチしたい場合や、競争の激しいジャンルで戦う場合に有効です。
  • 毎日: チャンネル登録者数が多い場合や、時事ネタなどを扱う場合に適しています。

ただし、闇雲に投稿頻度を増やすのではなく、質の高い動画をコンスタントに投稿することが重要です。

まとめ

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、動画の投稿頻度を高めることが重要です。

定期的な更新で視聴者の興味を引きつけ、チャンネルの成長を促進しましょう。

植物に水をやり続けることで、大きく成長させるように。

動画の宣伝・拡散が不足している

YouTubeビジネスチャンネルにおいて、動画の宣伝・拡散はチャンネルの成長に欠かせない要素です。

どんなに素晴らしい動画を作成しても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。

素晴らしい料理を作っても、誰にも食べてもらえなければ、その美味しさが伝わらないのと同じです。

宣伝・拡散が不足しているチャンネルの例

例えば、あるオンライン英会話スクールがYouTubeチャンネルを開設し、英語学習に役立つ動画を投稿しているとします。

しかし、動画の宣伝・拡散はほとんど行っていません。

  • 動画のタイトルや説明文は、キーワードを意識せずに作成。
  • SNSでのシェアは、たまにTwitterでつぶやく程度。
  • 関連動画へのコメントや、他のチャンネルとのコラボもなし。

このような状態では、動画が検索に表示される機会も少なく、視聴者の目に触れる機会も限られてしまいます。

宣伝・拡散の重要性

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、動画の宣伝・拡散に力を入れることが重要です。

効果的な宣伝・拡散を行うことで、

  • 視聴回数が増加する: より多くの人に動画を見てもらう機会が増えます。
  • チャンネル登録者数が増加する: 興味を持った視聴者がチャンネル登録してくれる可能性が高まります。
  • ブランド認知度が向上する: チャンネルの存在を多くの人に知ってもらうことができます。
  • コミュニティが形成される: 同じ興味を持つ視聴者同士が交流する場を提供できます。

宣伝・拡散は、動画の価値を最大限に引き出し、チャンネルの成長を加速させるための重要なステップです。

効果的な宣伝・拡散の方法

YouTube動画の宣伝・拡散には、様々な方法があります。

  • SEO対策: 適切なキーワードを設定し、検索結果に表示されやすくする。
  • SNSでのシェア: Twitter、Facebook、Instagramなど、様々なSNSで動画を紹介する。
  • 関連動画へのコメント: 同じテーマの動画にコメントを残し、自分のチャンネルに誘導する。
  • 他のチャンネルとのコラボ: 他のチャンネルと協力して、互いの視聴者に動画を紹介し合う。
  • 広告の活用: YouTube広告やGoogle広告などを利用して、ターゲット層に動画を配信する。

これらの方法を組み合わせることで、より効果的な宣伝・拡散を行うことができます。

まとめ

YouTube_1stFollower京都 (1)

YouTubeビジネスチャンネルで成功するためには、動画の宣伝・拡散に積極的に取り組むことが重要です。

動画の価値を多くの人に伝え、チャンネルの成長を促進しましょう。

まるで、美味しい料理を多くの人に振る舞い、その美味しさを共有する喜びを味わうように。

注釈

  • バズる: インターネット上で急速に話題が広がり、多くの人の注目を集めること。
  • Vlog: ビデオブログの略。日常生活や特定のテーマについて動画で記録・発信するコンテンツ形式。
  • コンバージョン率: ウェブサイトの訪問者のうち、目標とする行動(商品購入、資料請求など)を行った人の割合。
  • リピーター: 一度利用したサービスや商品を繰り返し利用する顧客。
  • ペルソナ: マーケティングにおいて、理想的な顧客像を具体的に設定したもの。
  • デモグラフィック情報: 年齢、性別、職業、居住地など、人口統計学的な特性に関する情報。
  • アナリティクス: ウェブサイトやアプリの利用状況を分析するためのツールやプロセス。 テロップ: 動画や映像に表示されるテキスト情報。字幕や補足説明などに使用される。
  • カット割り: 映像編集において、複数の映像をつなぎ合わせる技術や方法。
  • ピンマイク: 衣服などに取り付けて使用する小型のマイク。周囲の雑音を拾いにくく、クリアな音声を録音できる。
  • エンゲージメント: SNSなどにおいて、ユーザーがコンテンツに対して反応(いいね、コメント、シェアなど)すること。
  • アルゴリズム: ここでは、YouTubeが動画の表示順位や推奨を決定するための計算方法や規則のこと。
  • SEO対策: 検索エンジン最適化。検索結果で上位に表示されるようにウェブサイトを最適化すること。
  • コラボ: コラボレーションの略。他のチャンネルや個人と協力して動画を制作すること。